生涯一書痴! 病高じて古本屋の店主になってしまった、ぺんぺんの読書日記です。書評ってほど偉そうなものではないですが(汗)読んで楽しかった本、いろいろ考えた本を紹介したいです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
表題作「夜市」と「風の古道」という
二つの中編が収められた作品集。

不思議な夜市に紛れ込んだ兄弟をめぐる怪異譚である「夜市」は
第12回日本ホラー大賞受賞作
大学生のいずみは、高校時代の同級生・裕司から
「夜市にいかないか」と誘われた。
裕司に連れられて出かけた岬の森では、
妖怪たちがさまざまな品物を売る、この世ならぬ不思議な市場が開かれていた。
夜市では望むものが何でも手に入る。
小学生のころに夜市に迷い込んだ裕司は、
自分の幼い弟と引き換えに「野球の才能」を買ったのだという。
野球部のヒーローとして成長し、甲子園にも出場した裕司だが、
弟を売ったことにずっと罪悪感を抱いていた。
そして今夜、弟を買い戻すために夜市を訪れたというのだが・・・。
市で商われる不思議な品々。
怪しい売り子たち。
取引をしないと決して出ることの出来ないその場所で
兄弟がそれぞれに、過去への思いを解決するために
選んだ方法とは。
心を揺さぶるような結末へと一気に誘われる心地よさの絶品。

風の古道」は異界の古道に迷い込んだ少年の話。
家々の裏側を走る道は
単なる裏道、隠れ道ではなく
大昔から日本にある特別な道だった。
普通の人間には通れないはずのそこは
怪かしが行き交い、人間の世界とは異なるルールがある。
幼いながらも彼は一人で選ばなくてはならない。
生きるために、家に帰るために、友のために。
水先案内人となった古道生まれの青年レンの口から語られる
不思議な過去の因縁とは。

これらは「狭間の世界」の物語である。
」と「」という
時空の<綻び>のような場所で
現実世界と、それに隣接するパラレルワールドのような怪しの世界が
交錯するときに起こる不思議な出来事を描いた作品。
そして、主人公たちも少年、青年という
子どもと大人のあいだの
ある意味、「狭間の世界」の住人である。

どちらも
そう長くはない物語だが
ものすごく完成度が高い。
民話のような味わい、そこはかとなく悲しみをたたえた空気、
永久放浪者」という魅力的な言葉。
細部まで作りこまれた不思議な物語世界は
それだけで秀逸で、純文学のフィールドでなら
その一端を描写して見せるだけで、充分読ませる作品であろうに
きっちりと起承転結がつけられ
ひねりの効いた結末や、かなり予想もつかない真相は
ミステリーの味わいさえ感じさせ
質の高いエンターテインメントとして完成してる。

すごい。

そして、文体が何より素晴らしいと思った。
作品の世界観からはゴシックロマン風な美麗な言い回しが
似合いそうではあるのだが、
そんな陳腐な自己満足に陥るような作者ではないらしく
洗練され、すっきりした無駄のない文章、
余分なセンチメンタリズムを排した知的な言葉が
かえって、幻想的な世界と、叙情的な雰囲気を
浮かび上がらせていく。
さらりと通り過ぎていきながら
じわじわと余韻の残る美しい言霊。
お手本としたい綺麗でくっきりした文体に、ため息が出たよう。

本を読み慣れてる人なら
2時間もあれば読めてしまう分量だけど
読み終わるのがもったいないと感じるくらい美しく怪しい本。
異界を旅する感覚にひたれる。
読後も、身体と心にまとわりつく濃密な闇の気配さえ
物悲しく愛しく思える。

とにかく、読みやすい本なので
(なんとなく、昔から、一般的には
難解なものを読みこなすことが高尚なイメージだけど
リーダビリティを馬鹿にしてはいけない。
「読みやすい」文章を書くということ
複雑な事柄を平易に説明することは実は本当に難しいことなのだ。)
普段は、小説より漫画が好き♪という人も
楽しめると思う。
今市子の「百鬼夜行抄」CLAMP の「XXXHOLiC」など
和風ゴシックなホラー味と、繊細で綺麗な作品世界を愛する人なら
きっと、これはいけるはず。

親子で読書を楽しめる人は
お子さんに回してあげるのもありかな。
文章の読みやすさは先に語ったとおりだし
ホラーとはいえ、不必要なまでの陰惨さとか、
悪意のようなものは希薄で
昔話、お伽話で子どもが触れる程度の残酷さはあっても
読後感は、物悲しさ、切なさの方が勝ります。
子どもの方が、むしろ異界を感じる能力に長けてるから
惹かれるかもしれない。
我が家の子ぺんぎん1号も
あたしの枕元に置いてたら、興味を示し
「読んでもいい?」
というから貸したら
話しかけても気付かないくらい真剣に読んでた。(笑)

やっと、昨年末に待望の受賞後第一作である単行本
「雷の季節の終わりに」(角川書店)が出たところで
これからの作家さんだけど
新刊を楽しみに待てる作家がいるというのは
それだけで読書家にはしあわせなことだ

うれしい

yoiti.jpg

「夜市」恒川 光太郎(角川書店)
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

もう多分、この本を再び開くことはないと思う
牧野さん。ごめん・・・
(いや、別に知り合いでもなんでもないんだけど。笑)

でも、ただならぬモノを感じたよ(汗)
文章で人になんらかの感情を喚起させるというのは
簡単なようで難しいことだし
薄っぺらなリアリティ稚拙な表現力では
かなりグロいものも含め
ものすごい数の本を読んでるぺんが
あわや教会送りか?っていうダメージを受けるほど
感情が揺れることはないはず

・・・すごい

たとえ、それがおそろしく強烈な不快感であっても

そういう意味で、この人の他の作品は楽しみ

ええと、ほんとに
けなしてるんじゃないんだよう(笑)
ややSFチックではあるけど
ミステリーとしてのオチも効いてるし
人に恐怖を体験させる物語」というのが
ホラーというものの定義なら
そりゃあ、もうかなりの高得点でしょう

ただ、根本的にこの話のテーマが
どうにもこうにも、あたしはダメ(泣)っていうだけなの

微妙にネタばれなような気がするけど
(あ、やな人はここで止めてね)
帯のコピーにも匂わせてあるし
察しのいい人なら少し読んだだけでわかるから

「多重債務者」に「高額所得者」、「エステ会員」に「かもリスト」
毎日様々な個人情報が持ち込まれ、
高値で取り引きされる名簿屋に勤める折原の元に
ある日、新しく持ち込まれた名簿には、
自分の情報が掲載されていた
不審に思い、名簿を持ち帰った折原は
テレビのニュースを見て愕然とする
凄惨な殺人事件の被害者の名前がその名簿に載っていたのだ
同僚の女性とともに謎を追う折原の行動と
並行して挿入される、どうやら「食に関する不快な記憶」を持つ
少年の手記のあいだには、どんな繋がりがあるのか?

えーとえーと・・・この本の主題は・・・
カニバリズム(人肉嗜食)です

うがああああ
思い出しただけでも、だめだあああ(泣)
あたしはモラリストでもないし
トマス・ハリスの小説に登場するハンニバル・レクター博士は
あたしの愛する人だし
調理するところを見せないでいてくれて
同じものを食することを強要さえしないでいてくれたら
一緒に暮らすのもありだと思ってたんだが・・・

「記憶の食卓」の食人描写の爆発的な破壊力はなんなんだ!?

うむむ・・・
メニューが「羊たちの沈黙」や「ハンニバル」に出てくるような
こじゃれた、おフランス料理(笑)じゃないから???
めっちゃリアルな日本人の食事だけに
想像したときの気持ちの悪さはメガトン級で・・・

人間も生物である以上、生命の維持は遺伝子の至上命令であろうし
極限状態での食人をあたしは責めようとは思わない
ただ、そうでない嗜好としてのカニバリズムは
どうしても、自分の行為としては許せないし
こんな、くらくらするほどの不快感を伴う禁忌
自分の中にあったことは
ある意味、新発見だよう

奇しくも同じ日に
二つのサイコ・ホラー・ミステリーを読むことになったわけだけど
永井さんのはホラーっぽいミステリーで
牧野さんのはミステリーっぽいホラー
とぺんのMAGI(マギ)は可決
ってことで分類もホラーに入れるぞ

・・・・はああああ、本気で怖かった・・・

kiokunoshokutaku.jpg

「記憶の食卓」牧野修(角川書店)

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

ご存知、アメリカン・モダン・ホラーの旗手
スティーヴン・キングの作品

キング作品は9割は読了してるのだけど
記念すべき初キングがこれだった

80年代終わりに映画がマイブームを迎え
デ・ニーロ作品みまくり
>リアルでは子供だった「ディアハンター」を観る
クリストファー・ウォーケンに一目惚れ
>出演作全コンプ目指す
>「デッド・ゾーン」をビデオで観る
>原作を読んでみた
>キング街道まっしぐら
という経緯(笑)

「デッド・ゾーン」の映画はほんとによかった!
あの特撮による流血がお得意のクローネンバーグ監督にしては
ものすごくおさえめな演出で
主人公の精神世界に重点を置いた作品

それでも、この本をホラーに分類するのは
恐怖=未来への不安感
という部分をものすごく巧みに表現した物語であるからだろう

他のキング作品と一線を画すのは
主人公が「キャリー」「シャイニング」「ファイヤスターター」
と同じく超能力者でありながら
あくまでも平凡な人物が突然、特殊能力を得たときの
戸惑いと悲哀をテーマにしてることだと思う

それは主人公の名前がジョン・スミス
っつー日本で言えば田中一郎みたいな「ありふれたもの
の集大成みたいな名前であることにも象徴されてる

ジョンは幼少時の事故で頭を打ったことで
不完全ではあるが予知能力に近い何かを獲得する
そして大人になっての二度目の事故で
5年間の昏睡状態ののち
目覚めた彼には、さらに特殊な能力が付加されることとなる
今ではメジャーな概念となった
サイコメトリ(人や物に触れることでその過去や未来を読み取る能力)だ

人にものを教える才能を持ち
一教師として、同僚の女子教師と恋愛の真っ最中
平凡な人生を生きるはずだった彼の生活は
このブランクで大きく変わる
眠り続けたあいだに、愛する恋人は人妻になっていた
目覚めて触れた人(看護師や医師)の
過去や未来を見てしまったこと
特殊な能力なしには決して予見できない警告で
彼が人々を助けたことで
預言者として、不気味にまつりあげられていくジョン

あたしが一番好きなのは
ある意味、ストーリーの本筋からすれば
補足的ともいえる第二部の冒頭部分
うさんくさい予知能力者として有名になってしまったため
教師として復職することができず
ジャクソン症候群(読語障害)の少年の家庭教師として
雇われたときのエピソードだ
彼は自分の知識と教師としての能力で
少年の閉ざされた回路を開くことになんなく成功する
「もしも神が彼に才能を授けたとすれば
知りたくもないことを知る才ではなくて、教える才能だ」

という一文が
この後の展開に泣かずにいられない色彩を添える

急進的に伸びてきた
ある政治家の言動に不安を感じ
彼に触れたジョンは
アメリカの、そして未来の世界にとって
彼(スティルソン)が恐ろしい存在であることに気付いてしまう
家族、昔の恋人、そして全ての人類の未来を救うため
ジョンは、悲しくも美しい決意をするんだ
たった一人の人間の捨て身の行動は
世界を救済することができるのか???

非凡な人間をスーパーヒーローとして描く事はたやすいが
平凡な人間の非凡な人生
リアルに描く事は
もしかしたら、すごいことなんじゃないかと
思わせてくれた本

deadzone.jpg

「デッド・ゾーン(上下)」スティーヴン・キング(新潮文庫)

スティーヴン・キングの本
「クージョ」
「シャイニング(全2巻)」
「IT(全4巻)」
「悪夢の種子(スティーヴン・キング・インタビュー)」
「ドロレス・クレイボーン」
「ニードフル・シングス(全2巻)」
「トミー・ノッカーズ(全2巻)」
「ダーク・ハーフ」
「アトランティスのこころ(全2巻)」
「タリスマン(全2巻)」
「スタンド・バイ・ミー」
「ナイト・フライヤー」(ホラー・アンソロジー)
「デッド・ゾーン(全2巻)」状態があまり良くなくてよいなら在庫あり。300円(別途送料160円)くらい。応相談

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ぺんぎん図書館 all rights reserved.
プロフィール

ぺんぺん

Author:ぺんぺん
古本ぺんぎん堂店主
☆成分分析:
ぺんぺんの90%は本でできています
残りは音楽と映画と酒と美味しいものでできているようです

☆ブログランキング参加中☆
いろんな人に見てもらえたらうれしいので、いちおーランキングに登録してみた。世界征服への第一歩か?

ぺんぺんファンのショッカーのみんな
暇だったら一日一ぽちっ(笑)
読んで少しでも参考になったという方がいらしたら、励みになりますので、これまた、愛のぽちっ、をお願いします


にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。