生涯一書痴! 病高じて古本屋の店主になってしまった、ぺんぺんの読書日記です。書評ってほど偉そうなものではないですが(汗)読んで楽しかった本、いろいろ考えた本を紹介したいです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梶尾真治っていえば
やっぱり、タイムトラベルだよねっ!!

大ヒット映画『黄泉がえり』の原作者としての方が
今では有名なのかもしれないけど
デビュー以来、時間旅行テーマの短篇を得意としてきたSF作家

クロノス・ジョウンターの伝説
(ストーリーを変えて「この胸いっぱいの愛を」のタイトルで映画化
作者自身がノヴェライズした同名小説もある)
未来(あした)のおもいで」など
どれも、時を超えたロマンスを描いた優しい物語だ

タイムトラベル・ロマンス-時空をかける恋・物語への招待-
という書評エッセイで
海外SF作品、自作を含め
時間旅行への熱い思いを語っている著者が
このテーマで初めて本格的に長編に挑んだのが
この「つばき、時跳び」

主人公の新進作家・井納惇(いのうじゅん)は、
熊本市郊外・花岡山の中腹に位置し、
肥後椿の咲き乱れる「百椿庵(ひゃくちんあん)」に
たったひとりで暮らす。
祖父母の死後に譲り受けた家だが、そこにはかねてより幽霊が出る、
という言い伝えが。
ついに彼自身も屋敷の中で着物姿のうら若き美女を目撃。
てっきり噂の幽霊かと思うが、
「つばき」と名乗る娘は、明治維新直前、元治の時代から
百五十年の時を超えて現代へさまよいこんだ時間旅行者だった
どうやら、天井裏の梁に差し込まれた謎の金属棒で
この家自体がタイムマシンの役割を果たすらしい。
150年の「時の壁」を超える恋の行方は?
謎のタイムマシン発明者にして
未来からの旅行者「りょじんさん」とは?

展開は
いつもの梶尾節(笑)だけど・・・
時代小説、郷土小説の色合いもあり楽しい
何度も物語の舞台となってきた作者の住む熊本
横井小楠、長岡監物などゆかりの人物を登場させ、
名物「いきなり団子」の由来に触れたり
松本喜三郎の生人形
上手にエピソードに盛り込んでいる
人間、そして風景・・・
同じ場所での現在と過去の対比の描写がいい

タイムマシンの仕組みなどには
あまり細かくはふれられず
ディープなSFファンはもちょっとリアリティがほしいかも?
だけど
こむずかしい理論をふりかざしたりしない
親しみやすいタイムトラベルSFは
あまり、普段SFを読まない人にも楽しめる

あたしはタイムトラベルもの、大好き。
ハインラインの「夏への扉」
筒井康隆「時をかける少女」
ジャック・フィニイ「ふりだしに戻る」
広瀬正の「マイナス・ゼロ」

クリストファー・リーブ主演でロマンティクな映画にもなった
リチャード・マシスンの「ある日どこかで
SFではないけど北村薫の「時をめぐる三部作」もいいよね

時間旅行(時空漂流?)小説の中には
歴史には介入できないタイプのものもあるけど
あたしは、現在から過去(未来)へ
過去(未来)から現在へと
問題や謎を解決するためにさまよううちに
ある行動の結果が、人やものに影響して
原因と結果がわけわかんなくなった時の輪の中で
とにかく
愛する人に会いたいとか
あの出来事をなんとかしたい、
という強い気持ちが
しあわせな結末を呼び寄せるようなやつが好きだあ(笑)

そういう意味では
梶尾真治のタイムトラベルロマンスはツボかも

tubaki.jpg

「つばき、時跳び」梶尾真治(平凡社)
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌


管理者にだけ表示を許可する
http://penguindou.blog90.fc2.com/tb.php/25-464d9ee4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
■収録内容 1. さよなら 2. 真心 3. NEVER 4. 君は知らない 5. 丹心 6. 想念 7. 再び始まった愛 8. LOVING YOU 9. 雨曜日に雨が(TONIGHT) 10. カップル 11. 請 12. 約束 13. 付託 14. さよなら(INSTRUMENTAL)・[読書]8月に読んだもの・最新ランキング<話題の
[ 小説・エッセイの1日 ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ぺんぎん図書館 all rights reserved.
プロフィール

ぺんぺん

Author:ぺんぺん
古本ぺんぎん堂店主
☆成分分析:
ぺんぺんの90%は本でできています
残りは音楽と映画と酒と美味しいものでできているようです

☆ブログランキング参加中☆
いろんな人に見てもらえたらうれしいので、いちおーランキングに登録してみた。世界征服への第一歩か?

ぺんぺんファンのショッカーのみんな
暇だったら一日一ぽちっ(笑)
読んで少しでも参考になったという方がいらしたら、励みになりますので、これまた、愛のぽちっ、をお願いします


にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。