FC2ブログ
生涯一書痴! 病高じて古本屋の店主になってしまった、ぺんぺんの読書日記です。書評ってほど偉そうなものではないですが(汗)読んで楽しかった本、いろいろ考えた本を紹介したいです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お気に入りの絵本が今日売れました。
復刊リクエストも多い
結構、レアもので、手に入ったら、また出品するけど
しばらく会えないかもしれないから
内容を忘れないように、餞のレビューを書いておこう(笑)
お客さまに愛されて何度も読んでもらうんだよ。

山のふもとの荒地を耕してささやかに暮らす老夫婦。
ある日、ふたりの畑に、ももいろの芽みどりいろの芽が出て、
その芽が育って生った金の瓜と銀の豆から、
なんと可愛い男の子と女の子が現れる。

金の瓜銀の豆2


チン・クワル(金瓜児)と名付けられた兄と
イン・トオル(銀豆児)と名付けられた妹は
健やかに育って、おじいさんおばあさんを助けて、よく働き、
荒地は豊かな果樹園に。
そこを通りがかった欲深い地主・李は
美しい果樹園を我が物にしようと
「ここは元々、自分の土地だから、今までの年貢として
金銀それぞれ十両を払え」
との無理難題。
おじいさんおばあさんを助けるため
クワルとトオルは、金銀の眠るという金庫山に向かい・・・。

お話は、正統派の勧善懲悪モノで
すかっ!とした読後感。

瓜や豆から、子どもが生まれる
という、「桃太郎」や「かぐや姫」みたいな昔話が
中国にもあるんだ!!
と、びっくり(笑)
よく考えたら、昔の日本文化は
大陸から渡ってきたものが多いから
そういう物語があっても不思議じゃないんだけど(笑)

わかりやすく単純な物語でありながら
この本が、とても印象的なのは
やはり、日本の絵本とは違う
中国的な鮮やかな色彩と独特の雰囲気だろうか。

金の瓜銀の豆


切り絵のような、くっきりした描線に
原色ではない淡い色でも
妙に鮮烈に見える色の取り合わせ。

中華街のお土産もの屋さんに迷い込んだような

わくわくした気持ちになる。

アジアの国でありながら
生活や文化の面で
西洋の影響が強い日本。
出版される海外の物語や絵本も
アメリカやヨーロッパのものが圧倒的に多いと思うけど
起源を同じくする、どこか懐かしい物語
逆に新鮮な絵柄や色彩
アジアの絵本を
もっともっと読みたいし、
お客さまにも紹介していきたいな、
と思う古本ぺんぎん堂店主であった。

kinnouri.jpg

「金の瓜と銀の豆<中国の傑作絵本>」
チャオ・エンイ ぶん/ホー・ミン え/きみじまひさこ やく
(ほるぷ出版)

商品の詳細データを古本ぺんぎん堂で見る       
「金の瓜と銀の豆<中国の傑作絵本>」SOLDOUT
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌


管理者にだけ表示を許可する
http://penguindou.blog90.fc2.com/tb.php/44-06115fcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ぺんぎん図書館 all rights reserved.
プロフィール

ぺんぺん

Author:ぺんぺん
古本ぺんぎん堂店主
☆成分分析:
ぺんぺんの90%は本でできています
残りは音楽と映画と酒と美味しいものでできているようです

☆ブログランキング参加中☆
いろんな人に見てもらえたらうれしいので、いちおーランキングに登録してみた。世界征服への第一歩か?

ぺんぺんファンのショッカーのみんな
暇だったら一日一ぽちっ(笑)
読んで少しでも参考になったという方がいらしたら、励みになりますので、これまた、愛のぽちっ、をお願いします


にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。