FC2ブログ
生涯一書痴! 病高じて古本屋の店主になってしまった、ぺんぺんの読書日記です。書評ってほど偉そうなものではないですが(汗)読んで楽しかった本、いろいろ考えた本を紹介したいです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「さくらん」「働きマン」もブレイク中
男女を越えて支持を受ける漫画家となった安野モヨコ
初の青年誌掲載作品がこれ

あたしは、女性誌の頃から読んでて
好きな作風だなあ、と思ってた
うむー名付けて赤裸々系?(笑)
系譜としては内田春菊、岡崎京子のラインか???
それぞれに個性的で好きだけど
共通するのは、エロをきちんと描けること
恋や愛をロマンティックにでなく描けること
かなあ・・・

作家・漫画家含めて表現者には
足し算の得意な人と、引き算の得意な人がいる
というのが、ぺんの持論だ

足し算
小さな種に
水をやって、肥料をやって
大事に育てて、大輪の花に育てるように
エピソードを積み重ねて
大団円にもっていくのが上手な人
本にカタルシスを求める読者には足し算がいい
疲れたときは、癒されるから

引き算
玉葱を剥くみたいに
どんどん虚飾を剥いでいって
最後に残る何かで魅せるのが上手な人
フィクションの中の
「本当のこと」を愛する読者には引き算がいい
自分を見つめなおすことができるから

あたしは、どっちかっていうと
引き算の上手な人が好きみたい
安野モヨコは当然、後者

恋愛は綺麗ごとじゃない
どろどろのぐちゃぐちゃにもなったりするし
自尊心、見得、損得、自己満足、物欲、性欲、依存心バトル・ロワイアル
安野モヨコの作品は
まるで精神分析医にかかったみたいに
心を裸にされていく感じが快感なのだ

青年誌だし
モテたい男のラブ・バイブル
というのが表向きの売りだったようで(?)
前半は
<小松のフリ見てわがフリなおせ!>
という合言葉まで生んだ(ほんとか?笑)
モテない高校生男子・小松が
モテ道を極めるための悪戦苦闘の数々を
いじり倒すコメディ主体で進行
「電車男」で主人公が顔も知らない多くの友人たちの協力を得て
服、髪型、美容のあたりは案外さくっ
クリアしていったのに比べ
親友と呼べる友達もおらず、情報収集にもそれほど熱心でない
普通の高校生・小松の勘違いな失敗は(笑いすぎて)涙を誘う
(変な眉になったり、自力カット失敗でスポ刈りになったり・・・)

エステの美人鬼姉妹
ブサイクなのに自分に絶大な自信を持つ俺様男・山田
可愛い顔で手練手管を駆使、自尊心を充たすため恋のしか知らない長沢チャン
ぱっとしない外見ながら究極のモテ男・小橋さん
魔性の人妻・美奈子さん


強烈なキャラにもまれて
少しだけ成長した小松に、ついに恋の扉は開く!!
相手は、モデルで気の強い同級生の美少女サクラ
女王と下僕の恋に未来はあるのか???(笑)

モヨコ節、炸裂はここから
後半ちょっと、駆け足の感はあるけど
最終巻の切なさを楽しんでほしい

「モテたいと思ってるうちは決してモテない」
「誰にでもあてはまるマニュアルなんてない」

そんな、当たり前のことを知るまでに
馬鹿みたいに傷ついたり、悩んだりする
その痛さが、思春期(死語か?笑)そのものなんだよなー

淋しかったり
恋人がほしいと思ってつきあうのは
本当の恋じゃない
「なんだか、わかんないけど
どうしても、その人じゃなきゃいけないような気がする」
不思議な気持ちに、人はきっと嫌でも巻き込まれていくんだよ

ああ、全てはこれからだ(BY 碇ゲンドウ。笑)
・・・恋愛の天国も地獄も

頑張れ、小松!そしてサクラ!

悩める当事者よりも
恋愛戦線から、ちょっと離れた大人が読むと
妙に、すっぱく、きゅううっとなるかも

hanatomitubati

「花とみつばち」安野モヨコ(講談社ヤンマガKC)

安野モヨコの本
「さくらん」
「働きマン(1~3)以下続刊」SOLDOUT
「花とみつばち(全7巻)」
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌


管理者にだけ表示を許可する
http://penguindou.blog90.fc2.com/tb.php/6-ac8324bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
安野モヨコ  【2007/08/25 Sat】
安野モヨコ安野 モヨコ(あんの モヨコ、1971年3月26日 - )は、漫画家。東京都杉並区出身。O型。1989年、「別冊少女フレンドDXジュリエット」(講談社)掲載の『まったくイカしたやつらだぜ!』でデビュー。スタイリッシュな画風で女性の生き方を描く。女
[ ゆづきの記録 ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ぺんぎん図書館 all rights reserved.
プロフィール

ぺんぺん

Author:ぺんぺん
古本ぺんぎん堂店主
☆成分分析:
ぺんぺんの90%は本でできています
残りは音楽と映画と酒と美味しいものでできているようです

☆ブログランキング参加中☆
いろんな人に見てもらえたらうれしいので、いちおーランキングに登録してみた。世界征服への第一歩か?

ぺんぺんファンのショッカーのみんな
暇だったら一日一ぽちっ(笑)
読んで少しでも参考になったという方がいらしたら、励みになりますので、これまた、愛のぽちっ、をお願いします


にほんブログ村 本ブログへ

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。